月別アーカイブ: 2014年6月

キャッシング審査で重要視されるポイントとは?

キャッシングの審査は様々な項目を総合的に判断して行います。そのため「特に重視するポイント」というものは貸金業者ごとに若干違ってきます。申し込みを受けたときに、申込人が「契約できる人物であるか」を判断し、その次には「契約できる金額」といった形で、段階的に審査を行います。
まず申込み要件に合っているかが見られます。申し込み要件に「年齢」「居住地」「居住地」「居住年数」「勤続形態」「勤続年数」「年収」などが設定されていることもありますので、それに1つでも合致しなければ申し込み自体が受け付けられません。この部分に問題がなければ、信用情報機関から個人信用情報の照会を受けます。ここでは現在の借り入れや返済の状況、過去の取引状況などをポイントに判断します。
多くの貸金業者は過去に債務事故などがあれば、貸し付けに消極的です。問題点が見つかれば、キャッシングは控えることでしょう。「破産による免責」や「個人再生」などがあれば、かなりネガティブな情報となります。債務整理でも返済を前提として完済したというものであれば、新たにキャッシング契約が出来る可能性は高くなります。「返済したのか」「まったく返済しなかったのか」、この2点において受け取られ方には大きな違いがあります。また契約対象となる申し込みか否かの判断も、金融業者ごとに違います。破産による免責がネガティブ情報として受け取るのが大多数ですがm中にはポジティブ情報と受け取る金融業者があるのも確かです。
現在の借入件数や借入金額、返済状況などに法律や社内の規定において問題がなければ、キャッシング枠をどれだけ与えるかの審査になります。