キャッシング審査で重要視されるポイント:他社借入

キャッシング審査の際に重要視されるポイントとして、他社借入状況があります。総量規制の法律が施行されてから、年収の3分の1を越える貸付を行った場合、その貸金業者が処罰の対象となるのは周知です。しかしそれ以前からも、他社借入の件数や金額などは重視されていました。
キャッシング審査においては「自社にとって不利益をもたらす申し込みではないのか」といったことを審査します。過去に債務事故などを起こしている、もしくは現在起こしているという申込者は、同様の問題をこの申し込みを可決した場合にも、起こすかもしれません。それがまず「契約できるか否か」を判断するポイントとなります。問題がなければ「キャッシングをおこなって回収できるで金額は?」といったことを審査します。他社借り入れ件数と合計金額が判断の大きなウエイトを占めます。件数から「信用度」や「現在の返済能力」を見ます。同じキャッシング合計金額でも件数が少ないほうが、ポジティブに判断されます。合計金額については、総量規制が施行されてから貸し付け最大値が確定しました。それ以下であっても総合的に見て「危ない」と判断すればも「貸し付けられる金額がない」ということにあります。金額が見出せなければ否決です。
他社借り入れ件数や合計金額を誤魔化したとしても、信用情報機関を閲覧すれば、貸金業者は知り得てしまいます。一応告知をさせるのは「嘘と付かないか」といった確認作業とも言えますので、ここで虚偽を行うのは身上がよくありません。出来る限り正確に伝えましょう。