利用の前に!知りたいキャッシング基礎知識:リボルビング払い

キャッシングの返済方法ですが、ほとんどリボルビング払いです。リボルビング払いには、定額方式と定率方式と残高スライド方式と三つの種類があります。

主に、返済方式として、定額方式の毎月あらかじめ指定した一定額に加えて利息を支払う元金定額リボルビング方式が使われます。

元金定額リボルビング方式ならローン会社は元金の回収が一定額で計算がしやすくて、借りる側もキャッシングする時残高が分かりやすいメリットが有ります。

分割払いとの違いは、分割払いは借りた分を均等に分割して返済ですが、元金定額リボルビング方式はいくら借りても元金返済は一定額です。その代わり金利分は借りた金額に応じて返済額が決まります。

だから借りれば借りるほど、元金返済は変わらなくても支払いは多くなっていきます。

そして元利定額リボルビング方式だと、支払いは変わりませんがその代わり借りた金額が多くなればなるほど、金利負担が大きくなって元金の返済が減ります。ゆえにローン会社も金利は取れるけど元金を回収しにくいので、キャッシングの返済方法には利用されません。

キャッシングは元金定額リボルビング方式で、返済した元金をそのまま、またキャッシングできます。しかし借金だから返済する義務は変わらないし、借りた分だけ金利は膨れ上がっていきます。だから借り易いからと安易にキャッシングしないで、金利の支払いを増やさないようにご利用は計画的に行う必要があります。