キャッシングをする前に調べておきたい事:総量規制

キャッシングは通常、銀行か消費者金融で行われます。銀行の場合は、金利は低めですが審査が厳しく、一定以上の安定収入があるか、自宅が本人名義であるかといったこともチェックされます。その一方で消費者金融は、金利はやや高めですが、パートでもアルバイトでも申込ができますし、賃貸物件に住んでいても特に問題はありません。その意味で、消費者金融は比較的借入がしやすいといえます。
しかし、消費者金融を利用する場合には、その前に、気を付けておきたいことがあります。それは総量規制です。この総量規制は、借りすぎを防ぐために、2010年施行の改正貸金業法に設けられたもので、年収の3分の1以上の金額を借り入れることができません。しかもこれは、他社からも借入があった場合は、その総額が対象となります。ですから、他の消費者金融からも借入があった場合は、すべてのキャッシングで、どのくらいの借入があるかをきちんと把握しておかないと、新規のキャッシングを断られる場合もあります。
それでもどうしても借入をしたい場合は、一部総量規制外のキャッシングを行っている業者もありますので、その業者に申し込んでみるといいでしょう。また、多少ハードルは高くなりますが、銀行のキャッシングに申し込んでみるという方法もあります。銀行は消費者金融と違って、貸金業法の縛りを受けないため、年収の3分の1以上の借入は可能です。ただし、どうしても多額の金額を借り入れることになりますので、返済計画をきちんと立てておくようにしましょう。