専業主婦がお金を借りる方法

2010年に改正実施された貸金業法により、消費者金融が貸金を行うことがかなり厳しく取り締まられることになりました。
その結果消費者金融などから借り入れられる金額に収入に応じた上限金額が設けられ、年収の1/3までしか借りることが出来なくなりました。
つまりこれにより、今まで消費者金融の利用者の多くを占めていた、専業主婦の人が、自分自身の収入がないために借入れをできなくなりました。

もちろん主婦でもパートやバイトなどでも良いので収入があれば、その収入に応じて借り入れが出来るのですが、逆に世帯全体としては十分な収入があっても、専業主婦では消費者金融では借りられないということになりました。
確かに収入のない人にお金を貸しても返せるはずもないので、当然でもっともな規制強化といえますが、専業主婦に関しては必ずしも適切な規制であるかどうか疑問も残る物となりました。
しかしでは専業主婦はお金を借りる方法がないのでしょうか。
実はそうではありません。
貸金業法の定める業者の中に銀行が入っていないからなのです。
銀行が独自に審査して貸す場合にはこの規制の対象にはなりません。
つまり専業主婦の人でも、銀行ならお金を借りる方法があると言うことになります。

お金を借りることが始めての方にはカードローンビギナーhttp://www.technokimchi.com/で詳しくお金を借りることに関する情報を紹介しています。
基本的に銀行の方が審査が厳しく借り入れは難しいのですが、銀行のカードローンで専業主婦を対象としているものがあるのです。
また銀行によっては専業主婦専用のカードローンを用意しているところもあります。

そういうローンを申し込めば、可能です。
この場合家族にも知られずに借りることが可能です。
ただし少し条件があります。
それは借り入れの上限金額があまり多くないと言うことです。
基本的に上限は50万円までです。
これは収入証明を出さなくても借り入れれる金額と同じです。
またすべての人が上限まで借りれるわけではもちろんありません。
金利も銀行系であっても上限金額が低いためもって安くはありません。